認定山岳医制度

認定国際山岳医制度及び、日本登山医学会認定国内山岳医制度は、国際山岳連盟医療部会(UIAA Med Com)、国際山岳救助協議会(ICAR)、国際登山医学会(ISMM)に認定された国際山岳医と、日本登山医学会が認定する国内山岳医の認定医制度を実施しています。運営は、日本登山医学会認定医委員会が行っております。
 認定山岳医制度に関するご質問のある方は、dimm01@jsmmed.org までメールでお問い合わせください。

 

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本登山医学会認定医組織図

認定山岳医委員会
委員長: 草鹿 元
副委員長:榊原 嘉彦
     油井 直子
委員:

   有馬 美奈
   稲田 千秋
   大城 和恵
   大橋 教良
   金澤 英紀
   小林 美智子
   師田 信人

  参与:

   上家 和子

  顧問:

   齋藤 繁
   増山 茂

発足から現在まで

国際認定山岳医制度は本学会を立ち上げた名誉会員である中島道郎先生が、長い間構想を持っていらっしゃいました。2009年11月16-17日にカトマンズで行われたUIAA Med Com(国際山岳連盟医療部会)で上小牧憲寛会員がLinkIcon「日本におけるDIMM発足について」を発表しましたLinkIcon発表スライド
その後、2010年2月中に国際認定山岳医の申請が許可LinkIcon(許可証)されました。

大城和恵医師は、国内での制度が発足する前にイギリスのDIMMを受験・合格し、2010年に国内初の認定国際山岳医となりました。現在は実行委員として日本の認定山岳医制度の運営も行っております。
現在(2011年11月)、エントリーされている医師は90名を越えており、専門医療は救急から産婦人科、整形外科、内科、麻酔科など様々です。2011年の学術集会で3名の国際認定山岳医が誕生しました。
発足から現在に至までの詳細な内容は認定医委員長による報告書LinkIcon『日本における国際認定山岳医制度の誕生』をご覧下さい。
また、2011年10月20日スウェーデンのオーレで行われたUIAA-med会議において、日本におけるDiMM制度の実施状況2010をLinkIcon報告しました。来年度以降も2010年のregulationに基づきDiMMJapanを発展させていきたいと思います。

 認定者一覧は >こちら<